大分県医療ロボット・機器産業協議会

支援メニューSupport

【補助金】平成31年度 おおいた産医療関連機器導入推進事業

1 目的
大分県医療ロボット・機器産業協議会では、平成22年に大分・宮崎と共同で策定した東九州地域医療産業拠点構想(東九州メディカルバレー構想)に基づき、医療関連機器産業の一層の集積を目指しています。

この構想の推進を図るため、県内中小企業が製造・開発する医療関連機器の普及拡大を目的に、県内の医療機関・福祉施設等へのおおいた産医療関連機器の導入を支援します。

2 応募資格
県内に主たる事業所を置く、おおいた産医療関連機器の導入を希望する医療機関・福祉施設等

3 補助率等
補助率    :1/2以内

補助金額  :1機器あたり50万円以内 (千円未満は切り捨て)
※専門学会や専門誌等での報告・発表、機器を使用したイベント・講習会(ただし、導入した施設の関係者や利用者以外からの参加を含むもの)等で導入機器の紹介ができない場合は1機器あたり上限20万円

補助期間  :最大12ヶ月

4 補助対象経費・条件
補助対象経費は、おおいた産医療関連機器として登録された機器の導入に要するレンタル料・リース料・購入にかかる経費(初期導入費含む)です。
対象となる経費は本事業の対象として明確に区分できるもので、かつ証拠書類によって金額等が確認できるもののみになります。

また、対象となる機器は、おおいた産医療関連機器一覧表に登録があるものに限られます。
おおいた産医療関連機器一覧(PDF)

〇株式会社AKシステム       「こいじゃる!」
〇株式会社ブライテック      「B-GO」
〇株式会社エイビス        「エイビスみまもりシステム」
〇株式会社デンケン        「電気刺激 DRIVE」,CYBERDYNE株式会社「ロボットスーツ HAL」等
〇有限会社ビューティフルライフ  「フォーケア多機能いす」等
〇トクソー技研株式会社      「カフ圧調整器 カフチェッカー」等
〇ヘルメット潜水株式会社     「褥瘡予防マットレス」等
〇日本ヒューマンメディク株式会社 「オールワン ラバージ」
〇株式会社LIFE        「タッチエリア」

5 募集期間
随時 (※但し、申請総額が予算の上限に達した場合には、その時点で募集を終了します。)

6 申し込み方法
必要書類を下記提出先まで提出して下さい。
(おおいた産医療関連機器の導入をご希望の方)〇医療機関・福祉施設等向け
おおいた産医療関連機器導入推進事業公募要領(医療機関・福祉施設等向け)(WORDファイル)
おおいた産医療関連機器導入推進事業費補助金交付要綱(WORDファイル)

(おおいた産医療関連機器として登録をご希望の方)〇機器メーカー向け
※対象は、東九州メディカルバレー構想策定(平成22年10月)以降に発売された会員県内中小企業が開発・製造する医療・看護・介護・福祉機器です。詳細は要綱をご確認ください。
※すでに登録されている機器の申請は不要です。登録されている内容の変更、廃止については申請が必要になります。
おおいた産医療関連機器導入推進事業対象機器登録要領(企業向け)(WORDファイル)
おおいた産医療関連機器導入推進事業実施要領(WORDファイル)

7 提出先・問い合わせ先
〒870-8501 大分市大手町3丁目1番1号(大分県商工観光労働部新産業振興室内)
大分県医療ロボット・機器産業協議会 担当 森崎・平山・小野
TEL:097-506-3276/FAX:097-506-1753

© 2012-2019 大分県医療ロボット・機器産業協議会.