大分県医療ロボット・機器産業協議会

活動報告Activity

東九州メディカルバレー構想推進大会の開催について

DATE|2017.0208 14時30分~19時30分
PLACE|レンブラントホテル大分

大分県、大分県医療ロボット・機器産業協議会では、宮崎県、東九州メディカルバレー構想推進会議の共催により、「東九州メディカルバレー構想推進大会」を大分市のレンブラントホテル大分で以下のとおり開催しました。
本推進大会では、第1部で医療関連機器産業に関する基調講演を、第2部では医療関連産業新規参入促進セミナーを開催するとともに、会場内では県内企業による医療関連機器の展示を行い、当日は医療関連機器メーカーをはじめとする県内外の企業、大学、関係団体等183名の方々にご来場を頂きました。
構想推進大会の目的である、東九州メディカルバレー構想に基づく医療関連機器産業の拠点づくりに関する情報発信、普及啓発を通じ、医療関連機器産業への参入機運の醸成を図ることで、県内企業による医療関連機器産業への参入が今後も益々加速していくことが期待されます。

1.日時・場所
平成29年2月8日(水) 14:30~19:30 レンブラントホテル大分(大分市田室町9-20)
2.主催
大分県、大分県医療ロボット機器産業協議会
3.共催
宮崎県、東九州メディカルバレー構想推進会議
4.後援
九州経済産業局、(国研)日本医療研究開発機構、大分大学、立命館アジア太平洋大学、日本文理大学、大分県立看護科学大学、宮崎大学、九州保健福祉大学、旭化成メディカル㈱、川澄化学工業㈱、メディキット㈱、(一社)大分県医師会、(一社)大分県工業連合会、九州ヘルスケア産業推進協議会
5.参加者
県内外医療機器関連企業、大学、関係団体 等  183名

【次 第】
1.開会セレモニー
(1)主催者あいさつ 大分県知事 広瀬 勝貞
(2)来賓紹介
(3)来賓あいさつ 九州経済産業局長 高橋 直人 氏
大分大学理事・副学長 門田 淳一 氏

2.第1部  基調講演
「東芝メディカルにおける医療事業への取り組み」
講師:東芝メディカルシステムズ株式会社 代表取締役社長 瀧口 登志夫 氏

「経済産業省における医療機器産業政策について」
講師:経済産業省商務情報政策局医療・福祉機器産業室 室長 遠山 毅 氏

第2部   医療関連産業新規参入促進セミナー
「中小企業による医療機器産業参入のキーポイント」
講師:宇喜多白川医療設計株式会社 代表取締役社長 宇喜多 義敬 氏

「安全な骨切削とは/「月光ドリル」が医師から支持される理由(医療機器産業に参入して)」
講師:株式会社ビック・ツール 開発部 部長 木村 勝世 氏

3.交流会

【会場風景】

東九州メディカルバレー構想推進大会(全体)

一覧に戻る

© 2012-2020 大分県医療ロボット・機器産業協議会.