大分県医療ロボット・機器産業協議会

新着情報news

【12月13日(日)開催】医療関連機器ニーズ発表会

2020.11.17

東九州メディカルバレー構想のもと、医療関連機器産業への参入拡大を図るため、県内各地でご活躍する臨床工学技士の皆様のご協力を得て、医療関連機器の開発ニーズの発表会を開催します。
新たな医療関連機器の創出を目指した医工連携のきっかけとなりますので、ぜひご参加ください。

開催ご案内チラシ(PDF)

【開催日時】
令和2年12月13日(日)10:00~11:50

【開催会場】
○オンライン会場
対象:大分県医療ロボット・機器産業協議会会員企業の方、九州内に事業所を持つ企業の方、大学・研究機関の方、臨床工学技士の方、行政・支援機関の方 等
○アステム 大分本社 4階 大会議室
対象:第12回大分県臨床工学会の会場に来場される臨床工学技士の方

【プログラム】
Ⅰ 開会
Ⅱ 基調講演(医療関連産業参入促進セミナー)
〔演題〕臨床現場での閃きから開発へ、アイディアを商品に
〔講師〕大幸医工学研究所 主任研究員 新里 高弘 氏(医師)
〔プロフィール〕
○経歴
昭和50年3月         信州大学医学部卒業
昭和50年6月~昭和52年5月 名古屋大学医学部附属病院分院研修医
昭和52年6月~昭和54年1月 名古屋大学医学部附属病院分院医員
平成4年10月~平成8年5月  名古屋大学医学部附属病院分院助手
平成10年6月~平成13年9月 名古屋大学医学部在宅管理医療部助教授
平成13年11月~       大幸医工学研究所主任研究員
○所属学会(役職)
日本人工臓器学会、日本透析医学会、日本医工学治療学会(評議員)、日本HDF医学会(評議員)、日本在宅血液透析研究会(評議員)
○これまで開発されたもの
1. on-line HDF 2. 内部濾過促進型ヘモフィルター 3. 二重濾過アフェレーシス 4. push/pull HDF装置 5. 逆濾過自動回収装 6. 連続ヘマトクリットモニター装置 7. 赤血球造血刺激因子製剤の投与量を制御するソフト 8. nPCR算出式 9. クレアチニン産生速度算出式 10. 細胞外液量算出式 11. 細胞内液量算出式 12. 体脂肪量算出式 13. 筋肉量算出式

Ⅲ 臨床工学技士によるニーズ発表
〔内容〕臨床工学技士の方から収集した約40件のニーズから、10件程度のニーズを紹介
ニーズ一覧は11月27日(金)頃公表予定
Ⅳ 閉会

【参加にあたってのお願い】
○講師、ニーズ発表者の知的財産を守るため、録音・録画・写真撮影・スクリーンショット等は禁止とさせていただきます。また、参加にあたりましては、秘密保持誓約書(「秘密保持に関する申し合わせ」及び「臨床ニーズに関する情報の取り扱い」について)の提出をお願いいたします。

【参加申込み方法】・・・申込み締切 令和2年12月10日(木)
申込みホームページでお申し込みください。スマートフォンによる入力も可能です。
申込みの際は、申込みホームページやチラシ裏面に掲載している秘密保持誓約書を、ファイル(PDFや画像)で添付してください。
第12回大分県臨床工学会の会場に来場される臨床工学技士の方で、ニーズ発表会も参加される方は、当日の受付で裏面の秘密保持誓約書を提出してください。
オンライン会場については、事務局が「申込者」「秘密保持誓約書」等をご確認させて頂いた後、12月11日(金)にログイン方法をご案内します。
〔申込みホームページ〕
https://www.egov-oita.pref.oita.jp/WR2QJ9XJ

申込みURLのQRコード

申込みURLのQRコード

 

一覧に戻る

© 2012-2020 大分県医療ロボット・機器産業協議会.